これまでのお肌トラブルと今後の決意

昔から、ニキビ等の肌荒れが続いています。

特に中学生や高校生の頃は、おでこ等にできるひどいニキビに悩んだものです。

前髪でニキビのできたおでこを隠したいものの、ニキビを治すためにはおでこを出して風に当てなさいと親に言われ、恥ずかしい思いをしながら思春期を過ごしました。

20歳前頃にはだいぶ落ち着いてきたものの、今でも生理前になると口や鼻周りにニキビができてしまいます。

ニキビができると、人と会うことや写真を撮ることも億劫となり、沈んだ気持ちになります。

特に彼氏に会う日にニキビができていた時には、少しでも可愛く見られたいのに、と落ち込んだものです。

20代後半になると、ニキビに加えて今までは縁遠かった乾燥も気になりだしました。

オイリーでニキビができる部分がある一方、乾燥して粉が吹くような部分まであり、自分のお肌にますます自信がなくなりました。

ここ数年では妊娠と出産を経験し、ますますお肌の劣化を感じます。

元々、お肌トラブルを抱えていたものの、面倒くさいことと、肌自体は強かったこともあり、お手入れはほとんどしていませんでした。

周囲からは、化粧水や乳液さえも使用していないことに驚かれました。

最近になりやっと、美容に興味を持ち始めました。

旦那からは、良いものを使ってお手入れをしっかりし、より綺麗になってほしいとプレッシャーをかけられています。

これから私史上最高のお肌を作り上げたいと考えています。