これまでのお肌トラブルと今後の決意

昔から、ニキビ等の肌荒れが続いています。

特に中学生や高校生の頃は、おでこ等にできるひどいニキビに悩んだものです。

前髪でニキビのできたおでこを隠したいものの、ニキビを治すためにはおでこを出して風に当てなさいと親に言われ、恥ずかしい思いをしながら思春期を過ごしました。

20歳前頃にはだいぶ落ち着いてきたものの、今でも生理前になると口や鼻周りにニキビができてしまいます。

ニキビができると、人と会うことや写真を撮ることも億劫となり、沈んだ気持ちになります。

特に彼氏に会う日にニキビができていた時には、少しでも可愛く見られたいのに、と落ち込んだものです。

20代後半になると、ニキビに加えて今までは縁遠かった乾燥も気になりだしました。

オイリーでニキビができる部分がある一方、乾燥して粉が吹くような部分まであり、自分のお肌にますます自信がなくなりました。

ここ数年では妊娠と出産を経験し、ますますお肌の劣化を感じます。

元々、お肌トラブルを抱えていたものの、面倒くさいことと、肌自体は強かったこともあり、お手入れはほとんどしていませんでした。

周囲からは、化粧水や乳液さえも使用していないことに驚かれました。

最近になりやっと、美容に興味を持ち始めました。

旦那からは、良いものを使ってお手入れをしっかりし、より綺麗になってほしいとプレッシャーをかけられています。

これから私史上最高のお肌を作り上げたいと考えています。

年齢とともに気になる毛穴の開き

最近気になっている肌悩みは、なんといっても毛穴の開きです。

最初は、鼻周りだけがぽつぽつと開いていただけなのに、今では頬の毛穴の開きまで気になって仕方がありません。

様々な美容サイトを見ながら、とにかく肌に刺激を加えないことや、たっぷりと保湿を行うことを心がけ、日々丁寧にスキンケアを続けているのですが一向に改善されず、洗顔は引き締め成分のあるものに変えてみました。

メイクをする際も、化粧下地で毛穴の凹凸を埋めてから、クッションファンデで徹底的にカバーをするようにしています。しかし、カバーすればするほどにメイクオフしたときのがっかり感はひどく、こんなに毛穴が開いているなんて恥ずかしいと、毎日鏡の前で落胆してしまうのです

。毛穴の開きの原因は加齢によるたるみもあると考え、スキンケアにはエイジング効果のあるものも加えることにしました。ビタミンC誘導体やコラーゲンなどの配合された化粧水を使い、週に2度はフェイスパックを行っています。まだまだ効果は実感できていませんが、これでもダメならプラセンタサプリを摂取して体の中からもエイジングケアを行うつもりです。

年齢に負けないハリや艶を取り戻し、ナチュラルメイクでも美しい肌を目指します。

肌荒れとうまく付き合っていく。

私は、10数年肌荒れに悩ませれてきました。学生から社会人の現在も継続中です。

今思えば、高校生の時が主に原因だったのではないかと感じています。

当時、運動部に所属していた私ですが、日焼け止めを使用するという概念がなく、モロに紫外線を浴びていたのです。

それから数年後、大学生になり、勉強や色々なストレスから鏡を見ることも嫌になるくらい肌荒れが酷くなりました。

将来は人と接する仕事に就きたかった私ですが

このままでは人前での仕事ができないと過剰に意識し始め、いつしかコンプレックスとしてネガティブに考え始めました。

それからは、お金があれば自分の肌荒れの改善にお金をかけ、みんなのように自分の顔を気にせず、人と話せるのかを常に考えていた気がします。

外出するたび、肌荒れが酷いと周りから思われているのではないか、、、

電車の乗ると、コソコソ肌荒れについて話されているのではないか、、、

被害妄想が膨らみ外出が怖くなった時期もありました。

そんな中、誰にも相談できなかった私ですが、勇逸、父親にだけは話せた記憶があります。

「肌荒れなんか若い証拠や」と一言言われたことですごく救われたのを覚えています。

年齢が経つにつれ肌荒れも落ち着き、今では接客業で店長を任されています。

自分の容姿に自信を持つことで、人前で話すことも億劫にはならなくなりました。

体質上、完全に肌荒れしなくなったわけではないですが、

うまく肌荒れと付き合って行くことで、ストレスになりすぎないように頑張っています。

何事もですが、「考えすぎ」ということが一番の敵かもしれません。

一人で悩みすぎず、相談することも大切にしてこれからもうまく付き合っていきたいです。

肌荒れ防止に更のタオルと食物繊維たっぷりバランス食

私が中学生から高校生の頃、食生活や日常生活がめちゃくちゃで、ニキビ肌でした。

母に「顔を洗う毎に洗いたての更のタオルを使うといいよ。」とアドバイスされて、実行してそれと食物繊維たっぷりの食事をバランスよく食べて、それから、つるつるお肌です。タオルは1日2~3枚、毎日のことですので、ハンドタオルを使っています。

食生活は便秘解消の食事です。それまでは、ケーキはいただきものは5個くらい、牡丹餅は20個1度に食べて笑われていました。

夜食もしっかり食べていました。牛乳は1日1リットルくらい飲んでいました。野菜やキノコ、こんにゃく、海藻などの食物繊維が不足して、ヨーグルトも食べていませんでした。高校時代は最悪で、1週間に1度しか便通がありませんでした。

食生活も改善してお肉は鶏肉が美肌効果があるので、鶏肉を食べるようにしています。野菜は毎日緑黄色野菜120g、淡色野菜230gくらい、キノコも毎日20gくらい食べて、ヨーグルトを100gくらいとごはんや麺やパンにも食物繊維が結構含まれているので3度しっかり食べて、オリーブオイルもいいです。それに水をしっかり飲むとお通じがでます。

焼き肉はお肉を食べ過ぎないようにしてキャベツや人参、ピーマン、しいたけなどの野菜焼きみたいに食べています。卵は半熟卵が美肌にいいです。豆腐や納豆お刺身も美肌のアイテムです。デザートの果物もお忘れなく。